美白と肌質

MENU

美白と肌質

美白と肌質には深い関係があります。
と言いますのは、美白に良いと言われる成分は、刺激が強いことも多く、肌が弱いと炎症を起こしたりすることがあるからです。
炎症を起こしますと、肌が防御反応を起こし、メラニンが生成されます。
メラニンはシミの原因ですから、美白を使用という方にとっては全く逆効果になるのです。
つまり、肌が弱い方は刺激が強い美白成分は使わないほうが良いのです。
そういう意味で、自分の肌質にあった美白化粧品を選ぶことはとても大切なことです。

刺激の強い美白成分としてはハイドロキノンがあります。
ハイドロキノンはシミを消す美白成分として、美容クリニックでも使われる成分です。
以前は化粧品に配合することは出来ませんでしたが、現在では美白化粧品に使うことが許されています。